競艇選手

【競艇】平石和男のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレースでの選手紹介では、選手によって決め台詞があります。

「声援ヨロシク」といえば桐生順平選手ですが、「応援ヨロシク」と右手を挙げるのが特徴である「平石和男選手」をご存じでしょうか。

47期(23年半!)もの間A1級を維持し、埼玉の支部長も務めたことのあるベテランレーサーです。

また、自転車と音楽と読書を愛する、個性強めの選手でもあります。

今回はそんな平石和男選手についてご紹介していきたいと思います。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

平石和男のプロフィール

平石和男(ひらいしかずお)基本情報
出身地 東京都大田区大森
生年月日 1966年7月14日
身長 164cm
体重 50kg
血液型 B型
登録番号 3251
登録期 58期
級別 A2級
師匠 なし
デビュー日 1986年5月16日

平石選手のプロフィールを見ていきましょう。

平石和男選手は東京都大田区大森の出身です。

大田区にはボートレース平和島がありますが、主催は大田区ではなく府中市です。

1966年7月14日生まれの54歳です。

現在の髪型の原型は矢沢永吉さんがモデルということです。

迷彩柄のウェアをしばしば着ており、ヘルメットも迷彩柄です。

なお、毒島誠選手によると、関東ダジャレ界の2枚看板は平石和男選手と三角哲男選手(ともに58期)だそうです。

所属は埼玉支部です。

埼玉支部には他に、

  • 須藤博倫選手
  • 桐生順平選手
  • 中田竜太選手

などが所属しています。

登録期は58期、現在の階級はA2級です。

58期には他に、

  • 三角哲男選手
  • 田頭実選手

などが在籍しています。

平石選手は1997年前期から47期の間、A1級を維持していましたが、2020年後期にA2級に降格してしまいました。

平石和男の特徴や得意なコース

平石和男選手のこだわりは、「最後まであきらめない走り」だということです。

年を重ねても成長はし続けられるとも述べており、ベテランながらも勝負への粘り強さを感じられますね。

特徴

平均ST(スタートタイミング)は0.18で遅い方です。

コース別の平均STは、1コースが0.17、外側のコースに行くにつれて遅くなり、6コースは0.20です。

スタート事故は2,3年に1度程度起こしています。

 

進入はやや動きがみられます。

3号艇より外のコースでは内側に動くこともありますので、展示もチェックした方がいいでしょう。

決まり手は、1コースからの逃げ、2~4コースからの差し、1~5コースからの抜き、2~4コースからのまくり、3~5コースからのまくり差しの順に多くなっています。

ただし近年(2018後期・2019前期など)ではまくり差しの割合も高くなってきています。

場別にみると、

  • 児島:勝率7.35、1着率30.5 %、2連対率54.1 %、3連対率70.1 %
  • 戸田:勝率6.84、1着率26.0 %、2連対率48.7 %、3連対率66.8 %
  • 鳴門:勝率6.00、1着率21.8 %、2連対率33.6 %、3連対率47.2 %

と、勝率は児島が最も高く、鳴門が最も低い数字になっています。

地元の戸田はやや得意な方ですが、出場節数120節に対して優勝回数は7回と少ないです。

得意なコース

1997年5月1日~

コース 1着率 2連対率 3連対率
1 コース 53.8 % 74.9 % 84.4 %
2 コース 24.1 % 48.5 % 67.2 %
3 コース 20.8 % 41.5 % 61.3 %
4 コース 18.2 % 38.9 % 59.3 %
5 コース 8.0 % 24.9 % 46.4 %
6 コース 4.0 % 16.3 % 42.0 %

1コースでは約85%は舟券に絡んできます。

2連対率も高めなので、2着、調子が良ければ1着もあるでしょう。

直近(2019後期・2020前期)では、1着率が7割近くになっています。

2コースより外では、1着率が半分以下に下がります。

2コースは、2回に1回は2着以内、3回に2回は3着以内なので、少なくとも3着には入れてみたいです。

3,4コースは各数値が近くなっています。

2コースより少し数字が低めですが、3着内に入る可能性は十分あります。

5コースでは3連対率が5割を切りますが、他の選手によっては3着もありそうです。

6コースも、舟券から切っていいほど低い数字ではないので、やはり他の選手や調子を見て判断したいです。

平石和男の過去成績・優勝歴

平石和男選手は2020年11月4日から、丸亀G3「第30回JR四国ワープ杯競走」に出場します。

今年は4回優出しましたが、まだ優勝がありませんので頑張って欲しいですね!

過去成績

1986年5月16日、戸田でデビュー。

1994年、平和島SG「第29回総理大臣杯」でSG初出場。

2006年10月26日、常滑一般戦5レースで、デビューから4517走目で通算1,000勝達成。

1997年5月1日以降では、SGで105節、G1で276節、G2で16節、G3で36節、一般戦で277節出場しています。

また、SGで7回、G1で42回、G2で1回、G3で12回、一般戦で143回優出しています。

優勝歴

1993年、多摩川新鋭リーグで初優勝。

1995年、桐生G1「開設39周年記念 赤城雷神杯」でG1初優勝。

1998年8月16日、戸田一般「第21回戸田ボート大賞」でパーフェクト優勝。

2003年6月1日、平和島SG「SG第30回笹川賞競走」でSG初優勝。

2006年5月7日、戸田一般「第17回ウィンビーカップ」で戸田8年ぶりの優勝。

2010年3月31日、戸田G1「G1戸田グランプリ開設53周年記念」で地元G1初優勝。

1997年5月1日以降では、SGで1回、G1で8回、G3で2回、一般戦で28回優勝しています。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

平石和男の年収は?

年度 順位 賞金額
2019年 ランク外 (35,800,000円以下)
2018年 ランク外 (34,247,000円以下)
2017年 ランク外 (32,710,833円以下)
2016年 64位 33,828,000円
2015年 95位 30,827,000円

平石和男選手の年収は、分かる範囲(2008~2016年)ではだいたい4000万円前後で変動しています。

2017~2019年はランキング外で詳しくは不明ですが、A1級ボートレーサーの平均年収は約3000万円(2018年)、A2級は約1800万円ですので、少なくとも2000~3000万円の間ぐらいの収入は得ているのではないかと思われます。

SGに6回出場し、G1含め3回優勝した2013年は約5565万円と、特に高い賞金額となっています。

2020年10月31日現在、ランキング外で3114万円以下の賞金額です。

SGは2018年のオールスターを最後に出場がありませんが、平石選手ご自身はまだあきらめていないということなので、A1復帰とともに記念での活躍を期待したいですね!

平石和男はSNSはやってる?

平石和男選手はTwitterをやっています。

平石選手の趣味をご存じの方もそうでない方も、興味深い内容になっていると思います。

平石和男のTwitter(ツイッター)は?

平石選手はアカウント「@metalmamuhei」でTwitterをやっています。

ヘヴィメタルと自転車と読書、そしてポケモンGOも好きな様子です。

一見しただけでは平石選手のTwitterと思えないかも知れません(笑)

平石和男のInstagram(インスタグラム)は?

平石選手はInstagramをやっていませんが、現在「#平石和男」で103件の投稿があります。

BABYMETALのキツネポーズ、メタルポーズ、埼玉ポーズなど様々な平石選手を見ることができます。

平石和男のYouTube(ユーチューブ)は?

平石選手ご自身はYouTubeをやっていませんが、レース場やスポーツ紙、その他のチャンネルから平石選手の登場する動画がアップされています。

【競艇/ボートレース】2003.06.01 平和島SG第30回笹川賞 優勝戦

2003年の笹川賞(オールスター)で優勝した時のレース映像です。

6号艇からまくり差しを決めます。

2019.06.30 埼玉支部選手トークショー~3251 平石和男選手~

ボートレース戸田チャンネルの、平石選手のトークショーの様子です。

自転車について語ります。

平石和男のプロフィール|まとめ

今回は平石和男選手についてご紹介してきました。

少し強面(?)なのとは裏腹に、味のある濃いキャラクターを持った選手ですよね。

また、SGにこれまで105節も出場していることからも、平石選手の実力がうかがえると思います。

最近では、今期のA2級への降格など、うまくいかずご本人は辛い思いをしているかと思われますが、A1復帰に向けて応援したくなる選手ではないでしょうか。

再びSGやG1で活躍する平石選手を見てみたいですね!

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

-競艇選手
-

© 2022 競艇大全