競艇選手

【競艇】桐生順平のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレース界で分けられる階級の内、最も位の高いA1級に属する選手は全体のおよそ20%です。

その中でも、狭くて走るのが難しい水面と言われる戸田競艇場をホームにしている埼玉支部のレーサーは13人います。

今回はその中の一人、桐生順平選手の選手紹介です。2019年のグランプリ優勝戦では1周目のバックストレッチで石野貴之選手との壮絶なデッドヒートを繰り広げましたね。

戸田のエースと呼ばれ、今やG1やSGの常連となった桐生選手の気になるポイントをまとめてみました。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

桐生順平のプロフィール

桐生順平(きりゅうじゅんぺい)基本情報
出身地 福島県石川郡古殿町
生年月日 1986年10月7日
身長 161cm
体重 50kg
血液型 AB型
登録番号 4444
登録期 100期
級別 A1級
師匠 西村勝
デビュー日 2007年5月17日

桐生順平選手は、戸田競艇場を本拠地とする、埼玉支部に所属する現役ボートレーサーです。

100期生で登録番号は4444と、何かと覚えやすい数字と縁があるのも特徴ですね。同期のレーサーに、青木玄太選手や松尾昂明選手、女子レーサーでは鎌倉涼選手や平高奈菜選手、川野芽唯選手ら錚々たるメンバーがいます。

ちなみに、お兄さんは元競輪選手というレーサー兄弟、奥様のお兄さんは佐藤慎太郎さんと言って現役の競輪選手、と何かとレースにご縁のある人物ですね。

 

学校法人石川高等学校に在籍していました。学生時代は自転車競技部に所属し、全国大会に出場した経験もお持ちです。

やまと競艇学校時代にはリーグ戦の勝率7.37と1位の成績、準優勝戦に進出が7回、優勝戦進出は6回と素晴らしい成績を残しています。また、卒業記念競走では優勝戦に進出し、3着の成績でした。

 

そして2007年5月17日、地元である戸田競艇場でデビューを果たします。デビュー戦では3着に入賞、なんとその節の4日目には初勝利まで挙げてしまいます。デビューから数えて6走目と、とてつもない早さでの初勝利でした。

初めての優勝戦は、2008年12月7日、こちらも地元の戸田競艇場で行われたボートピア岡部カップ 開設7周年記念でした。この時は惜しくも5着に敗れています。

 

大躍進は2011年でした。

1月25日、宮島競艇場で行われた「G1共同通信社杯 新鋭王座決定戦(現在のPG1ヤングダービーにあたる競走)」でG1初出場、初出走で初勝利をおさめます。

そして同年5月24日、尼崎競艇場での「第38回笹川賞(現在のボートレースオールスター)」にてSG初出場。4日目の5月27日にSG初勝利を果たしました。

8月18日には、地元である戸田競艇場での「第34回戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯」で通算22回目の優出。4号艇での出走となり、4コースからの捲りを決めて初めての優勝を飾りました。

 

この優勝で目覚めたのか、2012年には一般戦ですが5度の優勝を飾りました。その内の3回が地元戸田競艇場という、戸田競艇場では別格の相性をたたき出しています。これについては後述します。

2013年もG3や一般戦で6回の優勝を飾ります。中でも8月に行われた戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯では、2011年から数えて3連覇を果たしています。

 

翌年2014年、この年に新鋭王座決定戦から移行された、第1回PG1ヤングダービーで初優勝。3艇がフライングの為返還欠場となり、恵まれでの勝利となりましたが、このG1初制覇の舞台となったのもやはり地元の戸田競艇場でした。やはり桐生選手は戸田では何か持っているのでしょうか。

 

そして翌年の2015年、3月22日の尼崎競艇場「SG第50回ボートレースクラシック」で1号艇での優勝戦進出。見事なイン逃げでSG初優勝を遂げました。

しかし同年2015年の4月9日、大村競艇場での「GI開設63周年記念 海の王者決定戦」優勝戦において、1号艇で出走しましたが.02のフライングを犯してしまいます。

この為に2016年1月29日までの間のGI及びGIIのレースへは出場停止となり、前年度覇者で臨むはずだったヤングダービーへの出場資格を失ってしまいます。

その後2016年2月9日、多摩川競艇場で行われた関東地区選手権で、4号艇での優勝戦進出。.01の気合いのスタートを決めて、4コースからの見事なまくり差し。G1復帰戦となったこの戦いで見事に優勝を飾りました。

5月19日には平和島競艇場で行われた「GIトーキョー・ベイ・カップ・開設62周年記念」で1号艇で出走した優勝戦、インコースから逃げて優勝を果たし、初の周年記念競走制覇となりました。

2016年はそれだけでは止まりません。11月14日、尼崎競艇場で開催された「GI開設64周年記念・尼崎センプルカップ」優勝戦。ここも1号艇での出走となった桐生選手はインコースからイン逃げを決めて優勝。この年3回目のG1優勝を果たしました。

 

2017年1月30日、戸田競艇場で行われた開設60周年記念「GI戸田プリムローズ」において、1号艇での優勝戦、イン逃げで優勝し、初の地元戸田競艇場の周年タイトルを手にします。

 

2017年3月20日、児島競艇場で行われた「SG第52回ボートレースクラシック」で、2連率84.2%というお化けモーター47号機を引き、予選トップ通過。勢いそのままに優勝戦ではインコースからの見事な逃げ。自身2度目のSG制覇、ボートレースクラシックもV2となりました。

その後、12月には鳴門競艇場での周年記念、G1大渦大賞でイン逃げで優勝。6度目のG1優勝を果たしました。

 

そして迎えた同年12月24日、住之江競艇場で行われた「SG第32回賞金王決定戦」において、1号艇・1コースから.16のスタートを決めてインからの逃げを決め、賞金王決定戦初優勝。

3度目のSG制覇を飾りました。

埼玉支部に所属するボートレーサーとして初の賞金王に輝き、2017年の最優秀選手・最多賞金獲得選手と記者大賞を受賞しました。

 

その後は着々と活躍を重ね、2019年にも平和島競艇場での第64回関東地区選手権、住之江競艇場での第63回太閤賞、福岡競艇場での第66回福岡チャンピオンカップと、2つの周年タイトルを含むG1レース3回優勝。

年末、住之江競艇場でのボートレースグランプリでは優勝戦にて2号艇での出走となり、1号艇に乗り込んだ石野貴之選手との1周バックストレッチでの激しい攻防を繰り広げました。雨が降る中行われた優勝戦、1周1マークで3号艇の毒島選手の捲りを警戒した為にほんの少しながら膨らんだ石野選手の懐に桐生選手の差しが入ったと思われましたが、惜しくも直線で躱されて逃げ切りを許し、結果は2着と惜敗。2度目のグランプリ制覇はなりませんでした。

桐生順平の特徴や得意なコース

桐生選手が得意としているのはどのコースや戦法なのでしょうか?また、どの競艇場を得意にしているのでしょうか?見ていきましょう。

得意なコース・戦法

インコース有利と言われるボートレース、やはり1コースの勝率がずば抜けているのは言わずもがな。しかし他のコースはどうかと言うと、5コースからでも3連対率60%以上、6コースからでもおよそ50%の3連対率を誇ります。

これは桐生選手の得意な戦法、まくり差しによるものです。

桐生選手と言えばまくり差し、と言われるほど華麗なまくり差しを決めますね。

他の艇の間をズボッと通り抜けるまくり差しは、一度見ると虜になってしまいます。

得意な競艇場

前述した通り、地元である戸田競艇場での戦いを非常に有利としています。

1着率は約35%と、24場で最も高い下関競艇場での約36%より少し低い数字となっていますが、出走回数などを比べると明らかに地元での戦いを得意にしているのは分かります。

湧出回数34回、優勝回数も11回と、他の競艇場に比べても桁違いの成績を残しています。

桐生順平の過去成績・優勝歴

ここで桐生選手の過去の成績や優勝歴なども軽く見ていきましょう。

通算勝利数・勝率

ここまでの通算勝利の数は、886勝です。

通算の出走数が3046走なので、1着率はおよそ29%。約3走に1走は勝っている計算になります。

通算勝率は7.26とこちらも高い数字を残しています。

優勝歴

通算で40回の優勝を誇り、SG制覇が3回、G1の優勝は10回と素晴らしい成績を残している桐生選手ですが、意外にもG2のレースでは優勝歴はありません。

桐生選手クラスになるとSGやG1の出場が主となる事と、G2レースは年間でも10回ほどと数が少ない為でしょうか。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

桐生順平の年収は?

そんなトップクラスのボートレーサー、桐生選手の年収(年間獲得賞金額)はいくら程あるのでしょうか?近年の賞金額を調べてみました。

年度 賞金額
2015年 8507万2000円
2016年 1億383万円
2017年 2億1224万1000円
2018年 8671万959円
2019年 1億4964万1000円
2020年(9月現在) 4883万1000円

グランプリ制覇した2017年は2億円を超える賞金を手にしていますね。2018年はフライングの影響でG1レースなどの出走が減った為に賞金額を落としていますが、翌年にはまた1億円以上の賞金を獲得しています。

生涯獲得賞金額は明らかではありませんが、この直近6年間の金額だけでも6億円近くの賞金を獲得していますね。ボートレーサーの平均年収額が約1600万円と言うことを考えると、この6年間でそのおよそ40年分のお金を稼いでいることになります。

桐生順平はSNSはやってる?

桐生選手はTwitterやInstagramなどのSNSをしているのか?またYouTubeチャンネルなどは開設しているのか?調べました。

桐生順平のTwitter(ツイッター)は?

調べてみましたところ、Twitterのアカウントは確認できませんでした。

桐生順平のInstagram(インスタグラム)は?

Instagramのアカウントは確認できました。こちらですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ぶす #おさ #ぺー #せき #丸沼高原スキー場

Junpei Kiryu(@junpeikiryu)がシェアした投稿 -

旅行に行かれた時の写真や、選手同士で撮影した写真など色々と投稿されてるようですのでファンの方はご覧になってはいかがでしょうか?(^^)

桐生順平のYouTube(ユーチューブ)は?

桐生選手のYouTubeチャンネルは開設されていないようですが、レース映像など、桐生選手が出ている動画はたくさん確認できました。インタビュー動画や、G1などの選手紹介の動画もたくさんありました。

桐生順平のプロフィール|まとめ

以上が埼玉支部のボートレーサー、桐生順平選手についてのまとめでした。

素晴らしい成績をおさめ若くして多くのSGやG1のタイトルを持ち、この先ももっと活躍するであろう桐生選手。

いつか戸田のエースから日本のエースと呼び名が変わる日も来るのではないでしょうか。

2020年はまだ優勝2回と本来の力を発揮できていない様にも映りますが、これからきっと勝ちまくってくれるでしょう。芸術的なまくり差しを見た日には、あなたも大ファンになる事と思います(^^)

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

-競艇選手
-

© 2022 競艇大全