競艇選手

【競艇】中田竜太のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレース界では、「ボートレーサー夫婦」が意外なほどたくさん存在します。

有名な大物夫婦の山崎智也・横西奏恵夫婦、美男美女と評判の青木幸太郎・魚谷香織夫婦、去年結婚したばかりの守田俊介・森田太陽夫婦など、引退した選手も含めると90組近く、もしくはもっと存在するようです。

中でも「中田竜太選手」と同期の浜田亜理沙選手の夫婦は、これまた美男美女と呼ばれ、二人ともほとんどA級を維持しているという実力まで持っています。

中田選手は2015年には全国スター候補選手にも選ばれた、期待のかかった選手です。

今回はそんな中田竜太選手についてご紹介していきたいと思います。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

中田竜太のプロフィール

中田竜太(なかだりゅうた)基本情報
出身地 福島県いわき市
生年月日 1988年4月10日
身長 167cm
体重 49kg
血液型 A型
登録番号 4547
登録期 104期
級別 A1級
師匠 須藤博倫(3983)
デビュー日 2009年5月15日

中田選手のプロフィールを見ていきましょう。

中田竜太選手は福島県いわき市の出身です。

いわき市といえば、いわき平競輪場や、競走馬リハビリテーションセンター(馬の温泉)という珍しい施設もあります。

1988年4月10日生まれの32歳です。

爽やかで整ったお顔をされていますよね。

お父さんの中田義明さんは元オートレース選手、親戚も2人が競輪選手など、公営競技選手の多い環境にあったそうです。

所属は埼玉支部です。

埼玉支部には他に、平石和男選手、桐生順平選手、佐藤翼選手などが所属しています。

師匠は須藤博倫選手です。

登録期は104期、現在の階級はA1級です。

104期には他に、岡村慶太選手、竹井奈美選手などが在籍しています。

先述の通り、奥さんは浜田亜理沙選手(4546)です。

登録番号が1つ違いのため、やまと学校時代の訓練では常に一緒だったということです。

中田竜太の特徴や得意なコース

中田竜太選手は操縦技術よりプロペラの調整を重視しており、直線での伸びというよりも出足型の調整を行うことで、ターンしやすくしているとのことです。

中田選手の鋭角ターンは、技術もさることながらペラの調整によって可能になっているのですね。

特徴

平均ST(スタートタイミング)は0.16と平均的な数字です。

コース別の平均STは、1・4コースで0.15、他のコースで0.16~0.17とばらつきはあまりありません。

スタート事故は1~2年に1回程度起こしています。

進入はほぼ枠なりです。

まれにコースを変えますが、内側に動くよりも外側に動くことが多い程度です。

決まり手は、1コースからの逃げ、3~5コースからのまくり差し、2~4コースからのまくり、2・4コースからの差しの順に多くなっています。

場別にみると、

  • 徳山:勝率7.40、1着率37.5 %、2連対率62.5 %、3連対率70.8 %
  • 戸田:勝率6.64、1着率30.9 %、2連対率50.8 %、3連対率63.8 %
  • 津:勝率4.95、1着率17.3 %、2連対率33.6 %、3連対率44.9 %

と、最も成績のいい徳山と比べ、津はかなり苦手としている印象です。

地元の戸田ではこれまで2回の優勝があり、出場節数も多く得意なようです。

得意なコース

通算成績

コース 1着率 2連対率 3連対率
1コース 66.8 % 79.6 % 86.2 %
2コース 26.8 % 52.5 % 66.6 %
3コース 24.4 % 45.6 % 63.9 %
4コース 20.0 % 46.0 % 64.3 %
5コース 13.3 % 32.0 % 50.8 %
6コース 7.4 % 19.2 % 35.6 %

1コースは2連対率、3連対率が特に高いです。

2連対率が約8割あるので2着、悪くても3着で買っていいのではないかと思います。

一般戦などでは1着の可能性は高いでしょう。

2コースから外は1着率が半分以下に下がります。

2~4コースでは3連対率があまり変わらないのが特徴的です。

2連対率も2コースが若干いいものの、4コースでも約5割の確率で2着以内に入るので、外側のコースといっても見逃しはできません。

5コースでも半分以上は舟券に絡んできます。

時期(※)によっては3連対率が2~4コース並みの数字のこともあり、4コース同様、外側とはいえ油断できないところです。

※2017年後期~2018年前期など

6コースでは3回に1回以上は3着以内に入りますが、特に記念レースなどでは厳しいかも知れません。

中田竜太の過去成績・優勝歴

中田竜太選手は2020年9月25日から、大村一般「BTS松浦開設記念」に出場します。

今年1月9日以来の優勝を狙って欲しいですね!

過去成績

2009年5月15日、戸田一般「イーバンク銀行杯」1レースでデビュー(5着)。

同節17日、8レースで初勝利。

2010年6月23日、常滑G3「2010新鋭リーグ第9戦G3若獅子杯」7レースでG3初勝利。

2011年8月18日、戸田一般「第34回戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯」で初優出(4着)。

2012年1月24日、芦屋G1「共同通信社杯第26回新鋭王座決定戦」3レースでG1初出場(5着)。

同節27日、11レースでG1初勝利。

2013年9月23日、桐生G1「第28回新鋭王座決定戦」でG1初優出(転倒により失格)。

2014年10月15日、常滑SG「第61回ボートレースダービー(全日本選手権)」5レースでSG初出場(4着)。

2015年7月16日、三国SG「第20回オーシャンカップ」4レースでSG初勝利。

2017年10月29日、平和島SG「第64回ボートレースダービー」2レースで通算500勝を達成。

2017年12月19日、住之江SG「第32回グランプリ」12レースでグランプリ初出場(5着)。

現在までに、G1で12回、G2で2回、G3で12回、一般戦で57回優出しています。

優勝歴

2013年9月8日、戸田一般「第8回隼杯」で初優勝。

2013年10月29日、大村G3「新鋭リーグ第4戦日刊スポーツ杯」でG3初優勝。

2017年4月10日、丸亀G1「京極賞開設65周年記念競走」でG1初優勝。

2017年9月24日、蒲郡G1「第4回ヤングダービー」でG1優勝。

2018年3月4日、戸田G1「戸田プリムローズ開設61周年記念」でG1優勝。

現在までに、G1で3回、G3で1回、一般戦で18回優勝しています。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

中田竜太の年収は?

年度 順位 賞金額
2019年 69位 42,400,000円
2018年 36位 50,005,000円
2017年 20位 62,918,366円
2016年 94位 30,305,000円
2015年 63位 35,726,000円
2014年 93位 32,025,167円

中田竜太選手の年収は、分かる範囲では約3000~6300万円と倍以上の差があります。

A1級ボートレーサーの平均年収は約3000万円(2018年)とのことなので、中田選手は常に平均以上の収入を得ていることになります。

G1を2つ獲った2017年度は特に賞金額が高くなっており、賞金額上位18名にしか出場権の与えられないグランプリにも出場しました。

なお、SG優出経験がない選手のグランプリ出場は、第8回大会以来24年ぶりとのことです。

2020年9月8日現在、ランキング内には入っていません(2589万円未満)が、年末には60位以内に食い込んでくることを期待しましょう!

中田竜太はSNSはやってる?

残念ながら中田竜太選手はSNSをやっていません。

SNSを始めるボートレーサーも増えてきていますし、需要はなかなか高そうですので今後の動きに注目ですね。

中田竜太のTwitter(ツイッター)は?

中田選手はTwitterをやっていませんが、ボートレース場、スポーツ紙、一般の方などのアカウントで中田選手についてのつぶやきが投稿されています。

画像も結構ありますので、「#中田竜太」でご覧になってみてください。

中田竜太のInstagram(インスタグラム)は?

中田選手はInstagramをやっていませんが、「#中田竜太」タグで現在358件の投稿があります。

髪型の変化なども追って見ていくと面白いかも知れません。

中田竜太のYouTube(ユーチューブ)は?

中田選手ご自身はYouTubeをやっていませんが、JLCやレース場その他のチャンネルで、中田選手が登場する動画がアップされています。

レース動画が多めです。

2017/1/4 戸田12R 中田竜太&浜田亜理沙 夫婦対決!の結末は・・・

1号艇中田選手、2号艇浜田亜理沙選手という夫婦対決レースの様子です。

結果は、やはり夫婦ということでしょうか?

ヤングダービーSP番組ガマGO【5番勝負で対決!】

レジャーチャンネル公式の、中田選手・瓜生正義選手・岩瀬裕亮選手の運動神経対決です。

各選手の意外な身体能力が分かるかも…

中田竜太のプロフィール|まとめ

今回は中田竜太選手についてご紹介してきました。

優しげな外見からは想像しにくいかも知れませんが、水面では相当の実力を持った選手ということが分かりますよね。

これからの新しいボートレース界を牽引していく選手の中の一人と言えるでしょう。

ここ2年ほどは記念レースでの優勝から遠ざかっているものの、近年もG1だけでなくSGにも多く出場しています。

今後はさらに経験を積んで、是非SGでの優勝を勝ち取って欲しいですね!

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

-競艇選手
-

© 2022 競艇大全